かわいい生意気になろう、女神アテナに可愛がられるようにね

アナタは自分に自信がありますか?仕事でも趣味でもなんでもいいのです、誰にも絶対に負けない何かです。容姿でもゼンゼン構いませんよ。

今回紹介するギリシア神話は、人間の娘アラクネと女神アテナの話ですがこのアラクネがめちゃくちゃ自信過剰な女の子だったのです。でも周りの人たちも、アラクネの才能は認めていました。

ではアラクネのエピソードをお話しします、人間の娘アラクネは刺シュウと機織りが人一倍いや人数倍にうまかったのです。その見事な作品を見に妖精たちも、はるばる遠くの山々から駆けつけるぐらいでした。

そんなある日のことです、機織りをしていたアラクネのもとに一人の老婆がやって来ます。老婆は機織りをしているアラクネに向かって、このように話しかけてきました。

「まあ素晴らしい織物だわ、アナタは知恵の女神アテナ様に教えて頂いたのかしら」その問いかけに、アラクネは不機嫌そうにこう答えます。「まさかとんでもないわ!女神アテナなんてバカバカしい私が上手いわ」

そして付け加えて「なんなら女神アテナと私で競争しましょか?まあ私が負ける事はないけど、負けた時は処罰をうけていいわ」と言い放ったのです。

老婆はアラクネに「私はアナタよりも長く生きています、だからアナタよりも遥かに経験も積んでいます。今から言うことを、真摯に受けとめるのですよ。先ほどの言葉はなんですか、人間ではなく女神に挑戦状を叩き付けなんて無礼です。撤回しなさい!そして謝罪するのです。お優しい女神アテナ様は、きっとお許しくださいます。」と伝えました。

でもアラクネは老婆の言葉を無視して機織りをやめません、そして老婆に対して「なんて馬鹿らしいの、そんな話は別の人にしてしょうだい!女神だろうが知ったことか、私はいつでも競い合っていいのよ」と言った瞬間です。

「分かったわ」そう言った目の前の老婆は、女神アテナの姿になったのです。見学に来ていた妖精たちは、びっくりしてお辞儀をしまくります。でもアラクネは、慌てるようなそぶりはしませんでした。

そんなアラクネでしたが、顔色だけはポーカーフェイスを装うことはできませんでした。女神アテナは、こんなアラクネの態度を黙って見ているだけでした。

さあ機織り勝負の時間です、女神アテナVS人間アラクネ。女神アテナが機織りにしたデザインは、オリンポスの神々が神々しく並んでいるものでした。音楽の神アポロンにはハープを持たせ海の神ポセイドンには鉾を持たせます。

アラクネの機織りのデザインは、オリンポスの神々の失敗ばかりを可笑しく織り上げました。二人の作品はできあがり女神アテナは、アラクネの作品を見てなんて素晴らしいとビックリしました。

でも作品の題材があまりにも神々をひねくったものだったので、アラクネの生意気が度を越して過ぎていて自信過剰になっていることが丸わかりでした。

女神アテナはアラクネの作品を手に取り「神々をこのようなデザインに使うとは、恥を知りなさい!」と言い放ち、アラクネの作品を破壊しました。

アテナはアラクネの頭に手を置き「困った子だ、愚かな罪を認めなさい」と助言したのです。この瞬間やっとアラクネも自分自身の愚かな行いに気が付き反省するのです。

そしてアラクネは首つり自殺をはかります。その現場を空から見ていた女神アテナは、「死なないで下さい、アナタは自分の罪をそのまま受入てそのまま吊下っていなさい」と言いアラクネをクモにしてしまいました。

私はこの物語を読んで、死刑と無期懲役の問題を思い浮べました。日本以外の海外例えばアメリカとかは懲役200年とか普通にあります、生きて一般社会には出ることは無いのです。

        

アナタは大丈夫?意地悪な人は女神レトから魔法をかけられます

ギリシア神話の神々の中に女神レトがいました、女神レトは大神・ゼウスと恋仲であり双子の子どもを授かります。男の子アポロンと女の子アルテミスです。

あれ?大神・ゼウスの妻は女神ヘラでしたよね。ん??女神レトあれれ…大神・ゼウス浮気してます。しかも赤ちゃんまでつくるなんて、ギリシア神話が昼ドラぽい話の流れになってます。

大神・ゼウスの妻・女神ヘラは、この事実を知り女神レトが住めないように嫌がらせをします。そんなこんなでレトは国々を転々とするはめになるのです。

なんとか子どもらを、落ち着いて育てられそうな国リキアにたどり着きます。この時レトは肉体的にへとへとでした、かなりの距離を歩いたので暑いうえに喉はカラカラです。

それでも歩いていると、谷間から水が湧き出てその水がたまり池ができていました。レトはその水に感謝します、そして池の水を手のひらですくおうとした瞬間です。

池のそばで柳をとっていた村人の一人がレトに「俺たちの水だ!飲むことは許さん!」と言ったのです。レトに意地悪を村人たちはしました。

レトは反撃します「このような自然のものに、持ち主なんていないはずです。私はこの水を少しだけ飲みたいだけ、この水で水浴びなんていたしません。子どもたちもこのようにお願いしているように見えませんか?」

こんなにお願いされているのだから、普通なら「仕方ない、どうぞお飲みなさい」となりそうですが、この村人たちめちゃくちゃ意地悪な人たちでした。

挙句の果てにはレトを脅してきたのです、「早くここから立ち去れ!さもないと、殴るぞ!」と怒鳴りこの綺麗な水の池に入り込み、足踏みをして泥水にしてしまいました。

レトはこの村人たちの仕打ちに悔しさがこみ上げこう言います「あなたたちは、死ぬまでこの池からでれません」

さあこの村人たちはどうなったと思ますか?女神レトを怒らせたのだから、何かが起こる事には間違いないです。この村人たちは自分たちが行動したように、ある生き物にされてしまいます。

さて何にされたとアナタは思いますか?池の中をバシャバシャ飛び跳ねたり泳いだりする生き物です、口は裂けて大きく目玉はギョロリと出て首はなくなり緑色の身体です。

そうゲコゲコとうるさく鳴く、カエルになってしまいました。カエルを見たら女神レトに、意地悪をした村人たちだと思ってください。

アナタも困っている人に、嫌がらせなどしていたら女神レトからカエルにされてしまいますよ。くれぐれも、ご用心してくださいね。

しかし余談ですが、この女神レトは今で言うと不倫ですよね。しかも子どもまで産んでます、この事実はいかがなものかと思いました。ギリシア神話とは言え、なんとも世知辛い感じです。

この話ですが、不倫をした罰として水を飲ませてもれえない状況になったと解釈できます。でも村人たちの、意地悪はいかがなものかとも思います。ここはお互い慎重に、取引すべきだったと感じました。

まあ余談の話でした。

パンドラの箱とは?その真実と意味をアナタに伝えます

ギリシア神話の世界では、最初にプロメテウスがぐちゃぐちゃの地球に人間をつくり知恵を与え話は進んで行きます。でもその地球には、男しか存在していませんでした。なんともむさくるしい感じです。

女はどのようにして誕生したのでしょうか?この女誕生には裏がありました、そうあの人大神・ゼウスが地上でのうのうと暮らすプロメテウス兄弟と人間の男に、嫌がらせをする為に送り込んだ刺客だったのです。

でもこの刺客パンドラですが、完成品ではありませんでした。見た目は人間そのものですが抜けています、なので大神・ゼウスが神々にパンドラにいいものを与えなさいと命令します。

その命令を受けたアフロディーテは美を、ヘルメスは言語を、アポロンはリズムをと沢山のいいものをパンドラは受け取ります。そして地上へ送り込まれます、最初にパンドラを受け取ったのはエピメテウスでした。

美しいパンドラを見たエピメテウスは大歓迎で家に入れます、でもプロメテウスは分かっていました。大神・ゼウスからプレゼント、何か裏が絶対にあることをです。

プロメテウスは弟に、パンドラに気をつけろと助言します。なのにエピメテウスは全くパンドラを、警戒しなかったのです。

問題はエピメテウスの家にあったツボから始まります、このツボの中身ですがアナタは何だと思いますか?正解はまた後で分かりますが…、パンドラはこのツボが気になって仕方がありませんでした。

そんなある日パンドラはコッソリこのツボのフタをあけてしまいます、ツボから出てきたのは人間が最もいらない不必要なものばかりが飛び出してきます。怨みや妬みに復習、そしてさまざまな人間の身体の病気です。

びっくりしたパンドラは、焦ってツボにフタをします。でも時すでに遅しの状況と言えます、フタの中身は地上へ飛び出してしまったのです。

でもツボの中身は全て飛び出した訳ではありませんでした、一つだけ残っていました。それは希望です。このパンドラがしでかしてしまう出来事は、私たち人間に何を伝えたかったと感じましたか?

たぶんどんな逆境に立たされても希望を持ちなさいと、言いたかったのかも知れません。でも実はこのパンドラの話は、別バージョンがもう一つありました。

それは大神・ゼウスの悪巧みではなく優しさから、男だけの世界はつまらないだろうとパンドラを地上へおろします。その時パンドラに、ツボをプレゼントします。

「このツボには結婚の祝いのものが入れてあります、大切にしなさい。」と言われます。パンドラはツボの中身が気になりフタをあけます、別バージョンでもパンドラはフタをあけるんですね。

結婚の祝いで贈られたツボなので中身はさぞ良いプレゼントが入っていたことでしょうツボから飛び出してしまいますが、でも一つだけツボの奥に残っていたのです。それが希望です。

この二つの話のどちらが本当だったのかは分かりませんが、ツボに最後まで残っていたのは希望でした。パンドラのツボで伝えたかった事は、きっとどんな時にも希望を持ちなさいと言いたかったのだと思いました。

最新記事
  • ライブドアブログ