アナタはギリシア神話を知っていますか?ではギリシア神話初心者のために、主な登場人物の説明をします。

大神・ゼウス、ゼウスの弟・ポセイドン、天の神・ウラノス、地の神・ガイア、海の神・オケアノス、12人の神々・ティタン神族の神、ティタン神族の男の神・クロノス、女の神・レア。

男の神・クロノスと女の神・レアは6人の神を作ります。その中の長男が大神・ゼウスになります。なぜ大神と言うのかというと、ゼウスは神々の王と人間の王を兼任していました。

大神・ゼウスは妻に女の神・ヘラを妃にします、この2人の神で多くの神々をつくりだします。

先ほど登場人物紹介に出てきたティタン神族の一人・プロメテウスのお話しです。最初は天も地もなく陸も海もない世界から始まります、そんな訳の分からない世界から地球を作ります。

プロメテウスは鳥や魚に動物だけでは物足りないと人間を作るのです、そして人間は特別なつくりにしたのです。二足歩行や顔が上下左右に動くようにしました。

このプロメテウスには弟がいました、名前をエピメテウスと言います。エピメテウスは動物たちに、この先生活をしていくうえで大事なものを与えていました。

どのようなものかと言うと、アナタは何を思い浮べますか?正解は忍耐とか希望とか悪知恵などです。

エピメテウスは順番に、大事なものを渡していきます。そして最後が人間でした、エピメテウスは考えます人間には一番良いものを渡したい何がいいかなってです。

ところがです人間の前にたくさんいた動物たちに、全ての大事なものを渡してしまっていたのです。エピメテウスは頭を抱えてしまいます、困ってしまい兄のプロメテウスに相談に行きます。

弟のエピメテウスから相談を受けたプロメテウスは考えます、そして知恵の女神アテナを思い出しアテナに相談にいきます。アテナは良い知恵を思いつき、プロメテウスに伝えます。

プロメテウスはアテナの協力で天に戻り太陽神の馬車を待ちます、そうアテナからの知恵は天の火でした。プロメテウスはたいまつで太陽神の馬車の火をとり、地上へ帰ります。

そして人間にこの天の火を渡します、人間は大喜びでお礼言い帰っていきます。火を手に入れた人間は、さまざまな事に火を使い生活は変化していきます。

そこまで人間のために尽くしてくれたプロメテウスを人間はあがめていました。でもそれは人間界のこと天は違います、大神・ゼウスの怒ります。

プロメテウスは人間にさまざまな事を教えてあげていたのです、その事を知った大神・ゼウスはプロメテウスに「人間の頭がよくなるような事を、助言してはならない!プロメテウスに罰をあたえる!」

その罰とはコーカサス山脈の山に鎖で繋ぎ、ハゲタカにプロメテウスの肝臓を食べるように命ます。

プロメテウスはコーカサス山脈の山につながれたまま毎日ハゲタカから肝臓を食べられます、でもプロメテウスの肝臓は食べられても食べられても出てきます。

プロメテウスはこの苛酷な状況を耐え続けます、実はプロメテウスは大神・ゼウスの今後神として生きていくための重大事項を知っていたのです。だからこの重大事項を大神・ゼウスに伝えれば、プロメテウスは解放され許してもらえるのです。

全てを分かっていたプロメテウスですが、大神・ゼウスには何も言いませんでした。重大事項は絶対教えない、そんなことよりも私はこのままでいいと誓います。

この話はここで終わるのですが、プロメテウスはきっと私たち人間に自分の身体を使って訴えていたと思いました。それはどんなに力や権力があるものの前でも、自分の信念を貫くということをです。