アナタは自分に自信がありますか?仕事でも趣味でもなんでもいいのです、誰にも絶対に負けない何かです。容姿でもゼンゼン構いませんよ。

今回紹介するギリシア神話は、人間の娘アラクネと女神アテナの話ですがこのアラクネがめちゃくちゃ自信過剰な女の子だったのです。でも周りの人たちも、アラクネの才能は認めていました。

ではアラクネのエピソードをお話しします、人間の娘アラクネは刺シュウと機織りが人一倍いや人数倍にうまかったのです。その見事な作品を見に妖精たちも、はるばる遠くの山々から駆けつけるぐらいでした。

そんなある日のことです、機織りをしていたアラクネのもとに一人の老婆がやって来ます。老婆は機織りをしているアラクネに向かって、このように話しかけてきました。

「まあ素晴らしい織物だわ、アナタは知恵の女神アテナ様に教えて頂いたのかしら」その問いかけに、アラクネは不機嫌そうにこう答えます。「まさかとんでもないわ!女神アテナなんてバカバカしい私が上手いわ」

そして付け加えて「なんなら女神アテナと私で競争しましょか?まあ私が負ける事はないけど、負けた時は処罰をうけていいわ」と言い放ったのです。

老婆はアラクネに「私はアナタよりも長く生きています、だからアナタよりも遥かに経験も積んでいます。今から言うことを、真摯に受けとめるのですよ。先ほどの言葉はなんですか、人間ではなく女神に挑戦状を叩き付けなんて無礼です。撤回しなさい!そして謝罪するのです。お優しい女神アテナ様は、きっとお許しくださいます。」と伝えました。

でもアラクネは老婆の言葉を無視して機織りをやめません、そして老婆に対して「なんて馬鹿らしいの、そんな話は別の人にしてしょうだい!女神だろうが知ったことか、私はいつでも競い合っていいのよ」と言った瞬間です。

「分かったわ」そう言った目の前の老婆は、女神アテナの姿になったのです。見学に来ていた妖精たちは、びっくりしてお辞儀をしまくります。でもアラクネは、慌てるようなそぶりはしませんでした。

そんなアラクネでしたが、顔色だけはポーカーフェイスを装うことはできませんでした。女神アテナは、こんなアラクネの態度を黙って見ているだけでした。

さあ機織り勝負の時間です、女神アテナVS人間アラクネ。女神アテナが機織りにしたデザインは、オリンポスの神々が神々しく並んでいるものでした。音楽の神アポロンにはハープを持たせ海の神ポセイドンには鉾を持たせます。

アラクネの機織りのデザインは、オリンポスの神々の失敗ばかりを可笑しく織り上げました。二人の作品はできあがり女神アテナは、アラクネの作品を見てなんて素晴らしいとビックリしました。

でも作品の題材があまりにも神々をひねくったものだったので、アラクネの生意気が度を越して過ぎていて自信過剰になっていることが丸わかりでした。

女神アテナはアラクネの作品を手に取り「神々をこのようなデザインに使うとは、恥を知りなさい!」と言い放ち、アラクネの作品を破壊しました。

アテナはアラクネの頭に手を置き「困った子だ、愚かな罪を認めなさい」と助言したのです。この瞬間やっとアラクネも自分自身の愚かな行いに気が付き反省するのです。

そしてアラクネは首つり自殺をはかります。その現場を空から見ていた女神アテナは、「死なないで下さい、アナタは自分の罪をそのまま受入てそのまま吊下っていなさい」と言いアラクネをクモにしてしまいました。

私はこの物語を読んで、死刑と無期懲役の問題を思い浮べました。日本以外の海外例えばアメリカとかは懲役200年とか普通にあります、生きて一般社会には出ることは無いのです。