Archives

僕はお父さんの子どもなの?妖精とアポロンの間にできた息子の話です

seiza
子どものころアナタは、両親が本当の親かどうか考えたことがありますか?産婦人科の病院で、赤ちゃん同士がすり替わってしまった事件とかありました。

そんな複雑な親子関係で揺れ動く子ども心が、今回紹介するギリシア神話です。主な登場人物ですが、太陽神アポロン、その妻・妖精クリメネ、息子パエトン、です。

太陽神・アポロンは妖精のクリメネとの間に、パトロンという名の息子がいました。パエトンは学校の友人から、「パエトンのお父さんが神ないて、嘘つくなよ!」とからかわれていました。

パエトンは友人たちの言葉に腹を立てて、母親のクリメネに問うのです「お父さんは本当に神様なの?ねえお母さん教えて」パエトンの質問に、母親のクリメネは答えます。

「パエトンアナタに噓はつきません、お父さんは太陽神アポロンですよ。」その後もクリメネの話は続きます。そして最後にこう言います「だったらお父さんに会って、話をしてきたらいいわ」

パエトンはニッコリ笑って「やったー!お父さんに会えるんだね。嬉しいよ」太陽神アポロンのもとへ飛び立ちました。

太陽神アポロンの住んでい居るお城は豪華絢爛で煌びやかです。やっとの思いでパエトンは、アポロンの住むお城に到着します。大広間にいるアポロンは、眩しすぎてよく見えません。

そのうち目は慣れてきます、太陽神アポロンの周りにはさまざまな神様たちが立っています。アポロンがパエトンに「なにか用事かい?」と聞いてきました。

「僕のお父さんはアナタですか?なにか信じられるものを見せてください」パエトンが言うと、アポロンはパエトンの肩を抱きしめて言います「パエトン何を言っているんだ!私の大切な子どもだよ。そうだそんなに信用できないのなら、何かプレゼントをしよう」

パエトンは考える暇もなく答えます「太陽の馬車がいい、太陽の馬車を操縦したい」アポロンは困ってしまい「あれは無理だ。太陽の馬車を操れるのは私だけ大神・ゼウスも操れない馬車なんだよ」

その後も天の道が危険な事などを、パエトンに教えますがパエトンは後には引きません。「パエトンどうしてこんなにお父さんを心配させるのかい。別のことにしてくれないのかい」

アポロンの問いかけに聞く耳はありません「分かったパエトンがそこまで言うのなら、お父さんは約束をまもるよ」と言いアポロンはパエトンを連れて太陽の馬車の所へ行きました。

太陽の馬車を見てパエトンは大喜びです、もうすぐ地球は朝になり太陽の馬車が出発する時間です。アポロンはパエトンに、太陽の馬車の操縦方法を詳しく教えます。「今の話を聞いて、嫌になったのなら中止にしてもいいよ」

アポロンが心配して言っても、パエトンには通じません。そしてパエトンは太陽の馬車に乗って宇宙に飛び出します、でも太陽の馬車は操縦がたいへんです。思うように馬たちを動かせません。

進路はめちゃくちゃ宇宙の星座たちも、びっくりしています。月の女神アルテミスも太陽の馬車を見て不思議に思います「へんね、兄さんはいつも高い位置を走るのに、今日は低い位置だわ」

その頃パエトンは、焦る気持ちの中で反省していたのです。お父さんの言うことを聞いていればよかった、そんなことよりお父さんが神様だったなんて、聞かなければよかったんだ。

最後はパエトンが操る太陽の馬車のせいで地球が危険な状態になりかけたので、パエトンは神々から稲妻を投げられ死んでしまいます。

親である証拠、子どもである証拠。でも証拠だけが親子の絆なのでしょか?考えさせられます。

プロ演奏とアマ演奏の聴き比べ判定は、音楽の神アポロンが下します

そういえばテレビ番組で、本物か偽物かを当てる番組がありましたね。目隠しをしてプロの演奏とアマの演奏を聞きます、最初の演奏と後の演奏がプロなのかアマなのかは視聴者も分かりません。

でも視聴者には、途中からネタバラシがされます。観ていて面白い番組なので、私もよくこの番組は観ていました。そしてこうも思っていました、真実を聞き取る繊細な感覚は、凡人には分からないということです。

そして大切な秘密は、誰にも教えない方がいいかも知れません。

今回紹介するギリシア神話は、音楽の話です。登場人物は、ミダス王、音楽の神アポロン、野原の神パン、山の神トモロス、床屋さん、です。

森でのんびり暮らすようになったミダス王、いろんな出来事がありセレブな生活に終止符をうちました。そして野原の神パンと仲良くなりパンのことを芯からあがめていました。

ある日野原の神パンが、とんでもない事を言い出したのです「そうだ音楽の神アポロンと、どっちが上手いか演奏しよう」

もちろん判定する人物も探します、そして決まったのが山の神トモロスでした。演奏会は厳かに始まります「さあ、どうぞ」最初は野原の神パンの演奏です。

パンは笛を奏でます、ほのぼのとした暖かい音楽です。ゆっくりとした笛の音色が、心地よく感じます。この演奏を聞いていたミダス王も、素晴らしい音楽だと感心していました。

次の演奏は音楽の神アポロンです。今日のアポロンは月桂樹の冠をかぶってます、楽器はたて琴です。アポロンの演奏が始まりだすと森の木々や草花そして野鳥まで集まってきます。

幻想的で神秘的、アポロンの音楽の宇宙に吸い込まれそうになります。そして山の神トモロスが「これはアポロンの勝利!」と判定しました。

でもそこにいたミダス王は、この判定に意見します「それはおかしい、判定を取り消してください」と言ったのです。

アポロンは「私の演奏の良さが分からぬなんて愚かな耳だ、耳として許せん別のものにしてやる」と言うと、ミダス王の耳がドンドン違う形に変化していきます。

あらあらミダス王の耳は、ピーンとのびたロバの耳になったのです。なんてことだとミダス王は思いますが、次の瞬間別の事を思うのです。まあいい、耳なんてターバンを巻けば見えなくなる。

毎日ロバの耳を隠すために、帽子をかぶったりターバンを巻いたりとバリエーションをつけて誰にも悟られないようにしていました。でもこのミダス王の耳の秘密を、知っている人が一人だけいました。

それは床屋さんです。ミダス王はこの床屋さんにロバの耳のことを、口止めしていました「この耳のことは誰にも言ってはいけない、もしも約束を破ったらただではすまないからね」

でも床屋さんはロバの耳のことを、言いたくて言いたくてたまりません。だから地面に穴を掘りその中めがけて「王様の耳は、ロバの耳!」と叫んで、気持ちを落ち着かせていました。

その後この地面には、草木が生えます。そして草木が風になびくと聞こえるのです「王様の耳は、ロバの耳」 

アナタの願い事を、酒の神ディオニソスが一つだけ叶えてくれます

よく昔ばなしなどで「アナタの願いごとを、一つだけ叶えてあげます」と言うフレーズ聞きますよね。まあ実際考えたらあり得ない話しですが、もしも現実にそんな夢のような出来事に出くわしたらどうします。

今回紹介するギリシア神話は、願いごとを叶えてもらえる話しです。でもちゃんとオチがあるので、笑えるかも知れません。登場人物は酒の神ディオニソス、シレノス、ミダス王です。

シレノスとは、酒の神ディオニソスの育ての親で信頼のおける大切な人です。そんなシレノスですがある夜かなり酒に酔って千鳥足で歩いていたら畑に落ちてしまいました。

近くに住んでいた農民が気がつき助けて、ミダス王のもとに連れて行きました。ミダス王はこの酔っ払いを見て、ある人物を思い浮べます。そうです酒の神ディオニソスの育ての親です。

ミダス王はふと思います。このシレノスを豪勢におもてなしすれば、あとあと良いことがあるに違いない、ふふふ。そして毎日、朝から夜まで宴が開催されました。

宴開催から十一日目に、シレノスを酒の神ディオニソスの所へ送り届けました。酒の神ディオニソスはミダス王に「ありがとう是非何かしたいのだが、なにがいいかね?」と問いかけます。

ミダス王はすかさず「ではですね、私が触れると全て金になる魔法の力を頂きたいです」と言ったのです。ディオニソスは「わかった」と返事をしました。

でもディオニソスの心の声は違っていました、もっと良い願いがあるだろうに…。気が抜けてしまいました。

一方ミダス王はルンルンでした、早く酒の神ディオニソスからもらった魔法の力を使いたくてたまりません「これを触ってみようかな?それとも、こっちがいいかな?」草むらの葉っぱをちぎるってみました。

そしたらなんと、葉っぱが金になったのです「やったー!」ミダス王は楽しくなりその後、石ころを拾ったら金になり木の枝をおったら金になりと金を満喫してました。

やったーやったーこれからは、世界一の大富豪だ!ミダス王は急いで自分のお城へ戻ります。メイドたちに、豪華な食事の準備をさせます。七面鳥の丸焼きや豪華な果物の盛り合わせ最高級のぶどう酒などです。

さあ最高の晩餐だとミダス王は、近くパンを口に運ぼうとするとパンがカチコチの金になってしまいました。今度はぶどう酒を飲もうとグラスを持つと、また全て金になってしまいます。

嘘だろう!なんてことだ。食事もできない。考えこんでしまします、何であんなことをお願いしたんだ俺は、と後悔ばかりがミダス王の頭をよぎります。

数日でミダス王の身体まで金色になってしまいました、ワラにも縋る思いで酒の神ディオニソスに祈りました「酒の神ディオニソス様、全てが金になる生活は拷問です。この魔法がなくなるには、どの様にしたら良いのでしょうか?」

この願いを聞き入れた親切なディオニソス「ミダス王よ、パクトロス川で自分の身体を洗い流してきなさい」と教えます。

ミダス王はディオニソスから聞いたように、パクトロス川に行き身体を洗い流しました。ミダス王の身体から、金が流れ出し水にうつり砂底へ沈んでいきました。それが砂金の始まりです。

愛の神エロスのいたずら、もてあそばれるアポロンとダフネの二人です

アナタは好きな人ができたら告白する側ですか?それとも告白される側ですか?そもそも告白するなんて、恥ずかしくてできない人が多いかもしれません。

男女の恋愛はさまざまです。今回紹介するギリシア神話は、愛の神エロスぼうやのいたずらから始まる恋のお話しです。登場人物はアポロンとダフネです。

美の女神アフロディテにはエロスという息子がいます、愛の神エロスの子ども時代の話です。エロスは楽しく弓矢を飛ばして遊んでいました、その場にたまたま出くわしたアポロンがエロスに言います。

「こらこら坊主、その手に握っているのはなんだい?弓矢だろう危ないよ他のもので遊びなさい。だいたい弓矢なんて僕みたいな大人が使うものだよ、この前だけど僕は大きな毒ヘビを射止めたのだからね、坊主は他の遊びでもしなさい」

それを聞いたエロスは、ムッとしてアポロンにこう言い返します「おいおいアナタは弓矢の名手かもしれないけど、自分自身を射止めることは無理だよね。僕は簡単だよ、アナタを射止めることができるよ」

愛の神エロスは、こんな矢を持っていました。まず一本目は愛の矢です、この矢が刺さるとその人の事が好きになるのです。二本目は嫌いの矢です、愛の矢とは反対で嫌いになるのです。

この二本の矢の一本をアポロンにめがけて放ちます。もちろんアポロンは愛の矢さてアポロンは男性ですからお相手の女性はと言うと、川の神ペネイオスの娘ダフネです。

ダフネには、嫌いの矢を放ちました。その後ですが、この二人はえらいなことになってしまいます。そうですよね、片方は好きになりもう片方は嫌で嫌で逃げるのですから…。

案の定アポロンは、ダフネの事が好きになります。でも当のダフネはと言うと、たくさんの男性から求愛されますが断り続けます。ダフネは結婚よりも、自由きままに遊び回る方が好きでした。

年ごろの娘をみて川の神ペネイオスは「ダフネよ、気になる男性はいないのかい?父さんはお前の花嫁姿が見たいのだよ。そしてかわいい孫を見たいのだよ」それを聞いたダフネは、少し頬をそめます。

「お父様聞いてください。私は結婚などしたくないのです。このまま独身がよいのです、女神アルテミスだってそうではありませんか。」とダフネは言い返します。

エロスの矢は、凄まじい威力です。アポロンの方はどうでしょうか…。アポロンはダフネの事が気になって気になって仕方がありません、そして会いたくて会いたくて仕方がありません。

アポロンは道を歩いているダフネを見かけます、ダフネだ!なんて美しい人だ!アポロンはダフネについて行きます。そのアポロンに気がついたダフネは、走ってにげます。猛ダッシュです。

アポロンが走って逃げるダフネに問いかけます「待ってください。ダフネさん止まってください。僕は怪しものではないのですよ、ダフネさんのことを愛しているものです…」ダフネに自分の思いの丈を、語り続けます。

そんなアポロンの言葉など全然耳に入りません、逃げるダフネ追いかけるアポロン時間は過ぎていきます。やっとアポロンはダフネに追いつきます、その瞬間ダフネは父親に助けを求めるます。

「助けてお父様!私を大地に隠してください。そして違う生き物に私をかえてください」ダフネの体が月桂樹に変わったのです。父である川の神がダフネの願い通り違う生き物にしたのです。

それを見ていたアポロンは「僕はもうダフネと結婚できないね。でもこの月桂樹はいつまでも大切にするよ、そして美しいままでいれるようにね」

この話はこれで終わりですが,アポロンが初めて好きになった女性はこのダフネだったのです。でもそれはエロスの矢がそうさせたのだから可哀想です。

美しい君の名は、自分自身ナルキッソスは美少年でした

アナタは自分の顔が好きですか?美しい顔だと思いますか?実は美人の顔には、黄金比があります。確かに芸能人の美人さんで、この黄金比を確認したらバッチリ当てはまりました。

美しいお顔は、いつまでも見とれてしまいます。美人は三日で飽きるなんて、いったい誰が言ったのでしょうね。飽きるどころか、ますます眺めていたくなるのにね。

今回紹介するギリシア神話は、美しすぎる美少年ナルキッソスのお話しです。やはり人並み以上の美しいお顔の持ち主は、生きる次元が違うのでしょうか。

美少年ナルキッソスはその美しい容姿だったために、たくさんの妖精たちから求愛を受けていました。もちろん妖精たちだけではありません、若い娘たちかもたくさん求愛を受けていました。

でもナルキッソスは、誰の求愛も受け入れません。そんなある日一人の娘が、ナルキッソスを愛して愛してくるしい思いを女神に祈ります。

「ああ女神さま、愛する人に思いが全然届きません。毎日心が苦しいのです、ナルキッソスにも私と同じように苦痛を与えてください」復習の女神が、その言葉を聞いていました。

復習の女神から目をつけられたナルキッソス、彼は今後どのような災難が訪れるのでしょう。でもこんな片思いの逆怨み、全く女子力低すぎです。ナルキッソスかわいそ過ぎです。

おっとギリシア神話に戻ります、狩りに出かけていたナルキッソスは疲れて池のほとりに腰を下ろします。そしてのどが渇いていたので、池の綺麗な水を飲もうと池の前に座り込みます。

その時に澄んだ池の水に、ナルキッソスの姿が映ったのです。でもナルキッソスは自分自身だとは気がつきません、逆になんて美しい娘なんだ泉の妖精だろうか?

ナルキッソスはずっと池に映る自分を、別人と勘違いしたまま見とれていたのです。そう彼は、自分自身とは知らず自分の容姿を愛してしまいました。

そのうちナルキッソスは我慢できなくなり、池に映る自分に語りかけたり抱きしめようと池の中に腕を伸ばしたりします。でも池の中美しい人は、ユラユラ浪打に姿がなくなります。

「どうして逃げるの、逃げないでよ」ナルキッソスは池の中美しい人に呼びかけます。この池からナルキッソスは動けなくなります、この美しい人のそばにずっといたいと思っているからです。

そのうちナルキッソスは美しい人の事ばかり思い、食事も眠ることもしないで池の中の美しい人のことばかりが気になって仕方がありませんでした。

ナルキッソスは、池の中の美しい人に問いかけるのです「美しい人、僕はアナタを愛してます。僕がアナタに微笑めばアナタも僕に微笑み返してくれる、僕がアナタに顔を近づければアナタも僕に顔を近づけるてくる。なのになぜなのです」

日に日にナルキッソスは、やつれていきます。やせ細り最後は、ガリガリの骨だけの身体になり死んでしまいました。

これは復習の女神が、ナルキッソスにかけた罰だったと思います。愛することをはき違えると、悲劇しかうまれないような気がします。アナタも愛する意味を、もう一度考えてみてください。
最新記事
  • ライブドアブログ