中秋の名月はお月様のことですが、名月にも負けないくらい星座たちも美しく輝いています。

秋に有名な星座は、アンドロメダ座ペガスス座などが出てきます。アンドロメダ座は名前だけが一人歩きしてしまい、星座や天文学など興味がない人も聞き覚えがある名前だと思います。

ではこのアンドロメダ座ですが、星空の位置は北東よりやや東側の空に輝いています。アンドロメダ座の隣にペガスス座がいます、ペガスス座の位置はだいたい真東になります。

そしてこのペガスス座の真上に、夏の大三角形で出てきたはくちょう座があります。もちろん天の川も見えます、天の川の中に輝く星座は秋になるとペルセウス座が出てきます。(注意 日にちや時間によって、見えない場合もあります。)

位置はアンドロメダ座の左斜め下にらへんに輝いています、このペルセウス座の上ぐらいにカシオペア座がありその上にとかげ座やケフェウス座と天の川の中は賑やかです。

秋の夜空で注目するのは、秋の四辺形またの名をペガスス座の四辺形と言います。先ほどアンドロメダ座の隣の星座と紹介した、ペガスス座です。

夏の大三角形は1等星で構成されていて探しやすいのですが、秋の四変形は2等星で構成されています。何となく探しにくい感じがしますが、秋の星空は夏の星空に比べると少し耀きが寂しくなります。

秋の星空には1等星がほぼほぼいません、凄く明るく輝く星座はまず無いのです。だから東の空で、四辺形にひかる星を探してみて下さい。一応2等星ですので、他の星座よりは耀きが若干強いです。

秋の四辺形が確認できたら最初にお話しした、アンドロメダ座が確実に確認できると思います。ペガスス座の真下にうお座があり、アンドロメダ座の下にさんかく座とおひつじ座の半分が見えます。

東の星空は、こんな感じです。少し話は変わりますが、地球が回転して時間が流れているように星や星座の位置も季節や時間によって変化します。

なので当然ですが、星座早見表などに示してある星座の位置は日々の時間の流れによって移動していきます。そのことを、きちんと頭に入れておいてください。

では秋の夜空にただ一つだけの、1等星は南の空のやや低い位置に輝いています。星座の名前は、みなみのうお座(フォーマルハウト)です。

こちらは1等星が星座の中に混じっているので、すごく探しやすいと思います。みなみのうお座を中心に、けんびきょう座にやぎ座みずがめ座が瞬いています。

みずがめ座は南東に位置しているので、ペガスス座の頭の星(星座絵)位置近くにもなります。

そして秋の星座は、あのギリシャ神話に出てくる登場人物の星座などがたくさん夜空に瞬いています。

名前だけを簡単にあげていくと、アンドロメダ ケフェウス ペガスス ペルセウスなどです。ギリシャ神話はまた後のブログで、詳しく紹介していきます。楽しみに待っていてください。

秋の星座はいかがでしたか、そこまで華やかさはないのですが季節的に観測しやすい時期だと思います。

涼しくなった夜風にあたりながら、星空を見あがてみてください。きっと素敵な感動が、感じられると思います。