アナタは冬のイメージと聞かれたら、どの様に答えますか?答え方はさまざまあると思いますが、冬の夜風に満点と輝くオリオン座と答えたら周りの人たちは、なんてロマンチックと感じることと思います。

そう冬の星座の代表とも言える星座オリオン座です、形も分かりやすく直ぐに探すことができます。オリオン座の構成は、形もさることながら1等星が二つ入っているので
分かりやすいです。

オリオン座の中心近くに輝く三つの星は2等星です、オリオン座の1等星は赤くひと際輝くベテルギウスと、青白く光り輝くリゲルです。オリオン座の形は簡単にとらえると、長方形とその中心にある三つ星です。

この長方形上下の角が、1等星ベテルギウスとリゲルになります。アナタの瞳で、オリオン座ベテルギウスとリゲルを確認して見てください。輝く方がさまざまなので、1等星観測も面白いと思います。

そして冬にも冬の大三角形と、冬の大六角形(ダイヤモンド)があります。

冬の大三角形から説明していきます、オリオン座ベテルギウスとこいぬ座プロキオンとおおいぬ座シリウスの三つの星です。この星たち(全て1等星)三点を結んで、冬の大三角形と言います。

冬の大六角形(ダイヤモンド)は、冬の大三角形の一部が入った構成になっています。では冬の大六角形を探してみましょう、目印にオリオン座をまず見つけると良いと思います。

オリオン座よりも斜め左上に位置する、ぎょしゃ座のカペラ(1等星)から時計回りに、おうし座のアルデバラン(1等星)オリオン座のリゲル(1等星)おおいぬ座のシリウス(1等星)こいぬ座のプロキオン(1等星)ふたご座のポルックス(1等星)で、ぎょしゃ座に戻ります。

これで冬の大六角形ができます、アナタも是非自分自身の瞳で星座たちを確認してください。

冬の大三角形と大六角形の両方に入る星座が、おおいぬ座のシリウスとこいぬ座のプロキオンです。そして全星座星々の中で断トツ一位に光り輝く星が、おおいぬ座のシリウスなのです。

冬の澄んだ空間の中に光り輝く1等星たち、美しい星空は日々の慌ただしい生活を癒してくれることでしょう。

ここでもう一度重複する部分もありますが、冬の星座を改めて紹介します。いっかくじゅう座エリダヌス座おうし座オリオン座きりん座はと座うさぎ座おおいぬ座おひつじ座ぎょしゃ座こいぬ座ふたご座があります。

その中で、探しやすい星座を二つほど紹介します。

まず一つ目は、いっかくじゅう座です。位置は冬の大三角形の中からはみ出る感じになります、1等星がこの星座にはありませんので少し分かりにくいかも知れません。ユニコーンの形の星座です。

二つ目に紹介する星座は、かなり大きなサイズの星座でエリダヌス座と言います。このエリダヌス座は全星座の中で、ビックサイズランキング第六位です。

位置はオリオン座のリゲル横からくねくねと、うねりを描きながら南の地平線へ落ちていきます。あまりにもビックサイズの星座なので、エリダヌス座の全貌は日本各地で見れるわけではありません。

エリダヌス座は、川を形どった星座です。

おまけで、小さなかわいい星座を一つ紹介します。星座名はうさぎ座です。もちろん形は、うさぎを形どった星座です。位置はオリオン座のリゲルから真下へ少し下がった所に、うさぎ座の耳部分の星があります。そして胴体部分の星たちと、構成されています。