四季の中で春が一番清々しく感じるのは、日本人だからでしょうか?春と言っても何月から何月までを、示しているのでしょう。だいたい一般的には、3月から5月ごろを言います。

その頃に夜空で輝いている星座たちは、うしかい座・うみへび座・おおくま座・おとめ座・かに座・かみのけ座・からす座・こぐま座・こじか座・しし座などがあります。

聞き覚えのある星座から、あまり聞き覚えのない星座の名前が出てきます。では超有名な星座、北斗七星はこの春の星座に位置します。

そしておおくま座のしっぽのあたりが、この北斗七星なのです。名前のごとく北の位置にある星座なので、北斗七星を見つけたらその方向は北側だと言うことです。

春の星座で星空を楽しませてくれるのが、春の大三角です。星座に詳しくない方は、初めて聞く言葉だと思います。ここで示している大三角とは、三つの星を繋げた星座を言っています。

では春の大三角の一つ目の星座が、しし座のデネボラ(2等星)。二つ目が、うしかい座のアルクトゥールス(1等星)。そして三つ目が、おとめ座のスピカ(1等星)です。

この星たちを繋げたのが、春の大三角と言います。1等星が二つも入っているから、耀きも大きく夜空で探し出すのは、簡単だと思います。

あぁ何気なく説明もなしに使っていましたが、星の耀きにも階級があります。最も明るい耀きを、放っている星を1等星と言います。そして次が2等星となっていき最後が6等星
です。

星占いで出てくるおとめ座・かに座・しし座は、春の星座です。でも星占いではおとめ座は8月23日~9月23日生まれ、かに座は6月22日~7月22日生まれ、しし座は7月23日~8月22日生まれ、どちらかというと夏です。

星空に輝く星座は、春の星座でも星占いの括りになると夏の誕生日の人たちの星座です。矛盾してるところが、神秘的な感じがします。

星占いの話が出てきたので、少し占いにまつわる話を紹介します。

占いは全般的に考えると統計学が基本になっていると感じます、私もプライベートではありますが占いに近いことをしています。私が取り扱っている占いは、数秘術カラーセラピーです。

星座は出てきませんが、生年月日の数字を解体して計算し数字を導て行きます。数字にはカラーがセットで結び付いていて、1番はレッド2番はオレンジとなっています。

そしてカラーにも意味があります、レッドは保守的・リーダーとかです。オレンジは家庭的・穏やかとかです。このように番号とカラーで、その人の現在過去未来を導いていきます。

生年月日以外にも、日付や年度からも数字を導き出して占うこともできます。もちろんカラーもセットで、意味を知ることが出来ます。

大きな買物を予定していたり、旅行や引越しなど良好な日付を決めたい時などに、この数秘術カラーセラピーを用いる場合もよくあります。

カラーは時として自分自身の気持ちを表している時もあります、何気なく選んだカラーボトルがその人自身現在置かれている環境を表していたりもします。

占いもいろいろありますが、一番身近な星座占いから気にしてみるのはいかがですか。