四季折々季節が変化するように、星座も季節によって変化していきます。でも季節には関係なく、一年中夜空に輝いている星座があります。北の空に輝く星座です。

北極星を中心に、ひしゃくの形北斗七星とダブリューの形カシオペア座です。中心にある北極星は、ほとんど年間を通して位置は変わりません。

でも北斗七星とカシオペア座は、季節を通して見える位置が変化していきます。春の夜空に輝く時、北斗七星の位置は北極星のほぼ真上にきています。カシオペア座はその真逆に位置するので、地平線近くに輝いています。

夏の夜空になると、中心の北極星位置は真北と変化しませんが、北斗七星は北極星よりもやや低い位置北北西に移動しています。カシオペア座はもちろん真逆になるので、北極星よりやや低い位置北北東に輝いています。

秋になると、夜空はまたまた変化していきます。でも北極星の位置はもちろん変化しません、北斗七星は地平線の位置まで降りてきます。だからカシオペア座は、その逆だから北極星の真上高い位置に輝いています。

そして四季最後の季節冬、冬になると北極星を中心に北斗七星は北北東に現れます。カシオペア座は、お分かりのようにその真逆に位置します。北北西です。

一年をかけて北極星の回りを、ゆっくりぐるりと回っています。私たちが住んでいる地球が、回転しているからでもあります。地球の回転の話は、ここまでにして星座の話に戻します。

季節の変化と共に星座の位置は変わりますが、今回紹介した北極星や北斗七星にカシオペア座は一年中見る事ができる星座ですので、ぜひ観測してみてください。

星座の形も、分かりやすくて探しやすいです。この星座以外に年間を通して観測できる星座は、もうないと思います。

星座ではありませんが、年間を通して夜空に輝いているのは皆さんご存知の月です。月は太陽の明るさで昼間は見えにくいのですが、一年中朝昼夜関係なく大空に浮かんでいます。

いつも夜空から私たちを眺めている月、あまりにも当たり前すぎて月の存在を投げやりにしている気がします。そんな月ですが、月にもビックショーがちゃんとあります。

誰もが聞いたことがあり、タイミングが合えば観測することも可能な天体ショー。皆既日食と、皆既月食です。

皆既日食は昼間に観測できる太陽と月の天体ショーです、ちょうど太陽の前に月が横切るこの瞬間を皆既日食と言います。太陽の大きさは、月の約400倍とも言われています。

昼間に見ることができる皆既日食です、ここで一つ注意点ですが皆既日食を観測する時は必ずサングラス以上の物で瞳をカバーしてから観測してください。

肉眼で太陽の光を見ることは、大変危険です注意してください。太陽と月が重なるまで(金冠日食、部分日食)と、重なっている時(皆既日食)の魅惑的な瞬間を楽しみましょう。

そして夜の空で観測できる、もう一つの天体ショーが皆既月食となります。こちらは夜の天体ショー、アナタの肉眼で観測しても大丈夫です。ご安心ください。

そもそも月食って、どんな原理なのかご存知ですか?日食の逆バージョンとは、少し違います。まずは地球を思い浮かべてください、太陽の光を浴びて地球の裏側に陰ができます。この地球が作った陰と、月が重なり月食が作られるのです。

皆既月食は、月の光と地球が太陽の光を浴びて作り出した陰との共演です。どちらも、毎日毎夜観測できるものではありません。もしも観測できる機会があれば是非アナタも体感してください。